2019年07月31日

土用の丑の日

7月22日、河浦の天空の碁会所で月例会があった。
8名の参加者で行われた。今回は、M氏は法事で不参加だった。
私もいつまで打てるかわからないので、精一杯頑張って打った。
そのせいだろうか、全勝で優勝することが出来た。3連覇である。
五段、六段、七段を倒しての全勝だったので、価値が大きかった。

土用の丑の日


7月27日は、全国的に「土用の丑の日」である。
この時期が一番貧乏なんだよな、我家は、チラシを見てみると、どこのチラシにも一尾2000円以上ばかりだ。
嫁に高いと思うなら、買わなくていいよ。と言って、諦めていた。
夕方、お膳に座ると、やっぱりなかった。
「貧乏を常とする身には、贅沢」と思って、刺身とポテトサラダをつまみに飲み始めた。
すると、醤油の甘がるい匂いが漂ってきた。
これはまさか?「そのまさかですよ」と言って、ウナギが二切れ出てきた。

土用の丑の日

うわー、嬉しかったなー。一尾を3人で食べることになった。
やっぱり土用はウナギでしょう。
名奉行、大岡越前にウナギにまつわる、名裁きがある。
ある男がウナギ屋の前で白ご飯を片手にウナギのかば焼きの匂いだけで、2,3杯食べる。
毎日繰り返すので、ウナギ屋の亭主が頭にきて、金を請求する。男は匂いだけでだから払わない。
とうとう亭主が奉行所に訴える。
両方の話を聞いたお奉行様は、亭主の言う通り、金六文を男に払うように言い渡す。
男はしぶしぶお奉行様に六文を渡す。
お奉行は、この金六文を袋に入れて、亭主の前で上下に振って音を聞かせた。
そしてこう言った。「この男は、匂いだけで、食べた。あなたも六文銭の音だけを受け取りなさい。」と。
流石は名奉行、感服した。

もう一つウナギにまつわる話を
戦後、昭和天皇が地方巡幸された時、とある旅館でウナギが出された。
大変気に入られ、そのことを、詠んだ川柳がある。
「うなぎとは、かくもうまいものかと、宮殿下」
それが全国に瞬く間に広がり、全国のウナギ店のメニューの横には、この句が掲げられていたとか。
身分を問わずウナギの旨さは万国共通らしい。



Posted by 貝川蒲鉾店  at 21:36 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。