2018年08月30日

足がつることは、首を吊るよりも痛い

8月26日、父の25回忌、母の17回忌、叔母の17回忌を従兄と合同で行うことになった。

本当は昨年だったが、私がうっかりしていて、12月末の祥月命日にお参りに来られた時、ご住職から教えてもらった。「あー、やんぬるかな」

今年に入って、法事のタイミングを考えていたが、母の妹のおばさんも1年違いで亡くなったのを思い出した。

長島町にいる従兄に連絡したら、それはいい、一緒にやろうということになった。










法事と言ったら、昔から親戚中が集まり、精進料理を手分けして作ったり、配ったり、近所の人も接待したりして、亡くなった人を供養するとともに、親戚の横のつながりを、確認するのが法事だった。

今は親戚も少なくなり、近所の人もいなくなった。若い世代の人たちは、法事すらしなところも増えてきている。

次回33回忌まで、7年、このメンバーが1人も欠けることなく、お参りに来て下さることを願おう。少し肩の荷が下りた

この頃夜中に足がつる時がある。熟睡中でもその痛さですぐ目が覚める。

今年亡くなった歌丸さんが、高座の枕に、「私はよく夜中に足がつります。足がつることは、首を吊ることよりも痛いですなぁー」

さらに、「このことは世間の人には絶対言わないでください」と。

亡くなってすぐ特番で、全国放送された。さすが噺家、亡くなってからも笑わせてくれる。



Posted by 貝川蒲鉾店  at 22:48 │Comments(1)

この記事へのコメント
法事を無事済まされてなによりでした(^^)
私の所は、正月の月に誰が何回忌ですよと教えて下さるので
それで忘れず法事をしています。嫁いで来た時は座れないくらいの
人数でしたが、皆んな亡くなって今では数人。寂しいですね。
昨夜は食事中に足裏が攣りました(u_u)
Posted by あひるちゃんあひるちゃん at 2018年08月31日 07:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。