2018年08月22日

台風一過とやぶ医者

この近年天変地異が続いている。

雨にも負けず、風にも負けず、そして夏の暑さにも負けずと、宮沢賢治は言っているが、私はそれほど強くない人間だと自分でも十分わかっている。

日陰育ちの身には、自分の身を守ることで精一杯だ。

台風前夜の光景を見ていただこう。空が独特な茜色に染まっている。




ムンクの「叫び」のような空色だ。

そこになんと、偶然にも虹がかかった。




「きれいだ」台風が「ちょっくら通らせてもらうよ」とあいさつ代わりのプレゼントかもしれない。プレゼントはいらない、来ないでほしい。

そして今日牛深港は船がいっぱい係留されていた。



中国の古いことわざにあるね「備われば憂いなし」と、昼ごろから風も出てきて海も白波立ってきたが、幸いにもそよ風程度で済んだようだ。





ブログを休んでいる間、世の中はいろいろな不祥事が起きている。アメフトの監督、ボクシングの会長、アジア大会のバスケット選手の不祥事など。中でも東京医科大の入試の合否問題は日頃温厚な私でも腹が立つ。合格しているのに、女子だから不合格にする。この男子は不合格だが、裏金をもらているから合格させる。あってはならないことだ。

不合格にさせられ人の人生を弄んではいけない。大学側は早く救済措置を取るべきだと思う。


江戸の小噺をひとつ。ヤブで有名な医者のところで働いている下男が粗相をしでかした。

怒った医者は、こぶしで殴ろうとす。すると下男が、「どうか足で蹴ってくだせえ」と哀願する。「なぜだ!」

「お前さまの手にかかって助かった者はいねぇー」



Posted by 貝川蒲鉾店  at 21:46 │Comments(1)

この記事へのコメント
ひゃ~~ なんて面白い小噺(●^o^●)
台風直撃せずに助かりましたね。
Posted by あひるちゃんあひるちゃん at 2018年08月23日 16:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。