2018年07月24日

鬼百合と囲碁熱中症候群

7月の上旬、路木の街道沿いを走ると、斜面にオレンジ色の花が群生していた。



車から降りてみると、鬼百合ではないか。この花を見ると夏の始まりを感じる。

学生時代、鬼子という友達がいた。その名残だろうか、白百合より、鬼百合の方が好きである。

週1~2回、河浦の天空の碁会所に通う。ここは冷房もきいて別天地だ。しかも寺銭は1日百円!とは嬉しい限りだ。

昨日は、月例会だったが、仕事の関係上、少し遅れて参加した。会場に入ってみると、あちらこちらの潜伏碁打ちが集まってきている。冷房は効いているが、盤面の熱気が伝わってくる。




遅れて行った分4局しか打てなかったが、3勝1敗で3位に入った。勝っても負けても碁は面白い。賢者の遊びといってもいいだろう。だが、日々の鍛錬も怠らない。先週末、友人から正光寺のご住職が来ておられるので仕事が終わったら出てこないかというTELが入った。行ってみるとエアコンが故障で扇風機が回っていた。外は「せどわ」風で涼しかったが、中は暑かった。住職がおられると、一種の行をおこなっているよにも見える。




毎日自由にさせてもらっている分、嫁には頭が上がらない。家では借りてきた猫のようにしている。

小噺を1つ。

天国の門の前に2つの看板が立ててある。1つの方には「生きている間一生嫁に頭が上がらないかった者はここに並ぶように」ともう1つの方には、「一生亭主関白で過ごした者はこちらに」と書いてある。

嫁に頭が上がらなかった者の方には、最後尾が見えないくらい長蛇の列であった。もう1つの方には、なぜか1人男しかたっていなかった。これを見た天国番人、聖ペテロが、「ほほう」と思い、その男の所に行って尋ねた。

「あなたは生きている間、亭主関白で過ごされたのですね。」と、すると男は答えた。

「いえねー、天国に行ったら、こちらの方に並ぶようにと、嫁に言われたものですから。」



Posted by 貝川蒲鉾店  at 21:40 │Comments(2)

この記事へのコメント
河浦のクーラーの効いた部屋で黙々と碁を打つ姿は
私が知ってるあの人達ではない様な真面目な顔(笑)
楽しむことが一番ですね。趣味があるって良いですね
Posted by あひるちゃんあひるちゃん at 2018年07月25日 06:56
家庭円満の秘訣はかかぁ殿下❗
鬼百合と鬼嫁と掛けた!gg
Posted by 1読者 at 2018年07月25日 19:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。