2017年06月18日

「打倒貝川」に燃える河浦囲碁会

将棋界に、今スーパースターが誕生している。

藤井聡太(14歳)である。プロデビューから27連勝で、歴代2位、毎日マスコミで報道される。

こうなったら、何が何でも新記録を達成してもらいたい。将棋ファンはもちろんの事、日本全国民が応援しているに違いない。

対戦相手は、相当のプレッシャーがかかるだろう。

その将棋界のニュースに刺激されたのか、小欄も囲碁を始めた。河浦町の友人から「貝川さん、毎週月曜日と金曜日の午後から、河浦支所で、囲碁愛好家が集い、打っていますよ。よかったら来てください。」との事だった。

5月の下旬位から、見学させてくださいと言って、門をたたいた。




4,5名ほどおられた。「一局教えてもらえないでしょうか」と言って、3名ほどと対局した。久々の碁を打ってて、とても楽しかった。





その後、3回4回と顔出すようになったら、皆さんの目つきが、真剣になっていた。牛深から、道場破りが来ていると噂が立っていたのかもしれない。

「打倒貝川」を合言葉に、口には出さないが、次々と新しい刺客が来ておられるじゃないか。



やった、これぞ男の戦場。こちらも「この首で良ければ差し上げましょう」とやる気満々。たまに負けると皆さん手をたたいて慶ばれる。

2日前の金曜日、いつも単騎で乗り込むのだが、その日は牛深から、2人の援軍が駆けつけてくれた。

会場は満席である。大会でもないのにこれだけの人が集まることは珍しい。道場破りの面目躍如だ。

盛況のうちに5時となったが、私たちの対局が山場を迎えていた。

皆さん帰らず、2人の局面に見入っていた。



ギャラリーが増えてくると、興行価値のある碁を打たないといけない。

二転三転と戦局は変わったが、女神は私に微笑んだ。

私には、愛唱の句がある。「碁がたきは、憎さも憎き、又懐かしきかな」



Posted by 貝川蒲鉾店  at 23:05 │Comments(3)

この記事へのコメント
知合いばかりなので、お手柔らかに(笑)
Posted by あひるちゃんあひるちゃん at 2017年06月19日 22:11
うちの父も碁をやります。
ケーブルテレビで囲碁番組見て、
パソコンでソフト相手に毎日やってます。
南公民館でお昼から打ってるようです。
いつか対局して頂こうかなぁ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
Posted by 光風光風 at 2017年06月20日 20:44
あひるちゃんさん
河浦碁会が、ますます盛況になって欲しい。
そのための後方支援は惜しみません。

光風さん
是非ご指導願えないでしょうか。
日時をお知らせくだされば、こちらから出かけてまいります。
Posted by 貝川蒲鉾店貝川蒲鉾店 at 2017年06月20日 23:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。