2016年04月20日

益城へ

本日、救援物資の蒲鉾を持って益城町へと向かった。

益城町は、3月に木山初市があり、毎年参加させてもらうなど、我々とも深い関わりのある町である。

今回の地震で、大きな被害を受け、避難所などで生活をされている方も多くいる。

その人たちのために、何かできることはないかと考え、我が社の商品である蒲鉾を被災地に持っていくことにした。


牛深から益城までの道のりは険しく、渋滞や通行禁止などが各地で見られた。

道路も、ひび割れていたり、盛り上がっている場所が多数あった。

それでも、昼過ぎになんとか益城町役場まで行くことが出来た。







益城町の様子である。

テレビなどで、その悲惨な状況は知ってはいたが、こう実際に見てみると、何とも言えない気持ちになる。






益城町役場も、中に入ることはできず、もう使い物にならないらしい。




支援物資の受付をして、蒲鉾を無事届けることが出来た。


この蒲鉾が、被災者の皆様に、少しでも役に立てればと思う。





話を聞いてると、地震が発生してからしばらくは、物資が不足しており、食事もおにぎりだけという状態だったらしく、何か漬物などのおかずを望む声が多かったそうだ。



今は、だいぶ物資も供給されているらしい。



その後、我々は木山初市でお世話になった、中島さんを訪ねた。



無事な姿が見れて、ほっとした。



木山初市で、我々が販売を行った場所である。左側が中島さんの家である。



木山初市の会場となる通りの様子です。


今年の木山初市の様子

まさか、このようなことになるとは、思いもしなかった。

中島さんたちは、我々が思っていたよりも前向きで、もう来年の木山初市の話なども出た。

欲しいものなど、我々にできることを聞いた後、益城を出て、牛深へ帰った。

これから、天気が悪くなり、土砂災害なども警戒されます。

どうか、天気よ被災地の上を静かに通ってくれ。




Posted by 貝川蒲鉾店  at 22:12 │Comments(2)

この記事へのコメント
お疲れ様でした。
益城の現状はまっすぐ見れないくらいです。
早い復興を望みます。
Posted by あひるちゃんあひるちゃん at 2016年04月21日 15:33
あひるちゃんさん

我々にできることは、少ないが、早く終息宣言が出てほしいものだ。
Posted by 貝川蒲鉾店貝川蒲鉾店 at 2016年04月22日 22:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。