2018年05月20日

母の日の恐妻家

先ほど、肥後本因坊戦のブログ記事で、シードされたと記載しましたが、シードじゃなく、不戦勝と書いたほうがよかったと思います。訂正してお詫び申し上げます。

その後の話になります。

本因坊戦で負けた後、そのまま牛深へ帰るのも早いと思い、清水町のJA、you+you農畜産物市場に営業を兼ねていくことにした。





当日5月の第2日曜日、母の日とあって、店内はお客様で、いっぱいだった。担当者と会い、今後の取引や、イベント活動とかの話でいい感触を得た。それでも12時過ぎだった。

今日は全国的に母の日。ははぁーの三年忌と言うとひんしゅくをかうが、日頃の罪滅ぼしにと、熊本に一泊することにした。

昨年10月に、KAB元気フェスタがあった。その日、駅近くのビジネスに泊まったが、夕食は無く、近くで食べることにした。その時行った居酒屋がとてもおいしかったのが、印象に残っていた。もう一度行ってみたいという思いが脳裏にあった。「城粋」と言う小料理店である。






ところが、当日、休日で開いていなかった。残念!

仕方なく、駅の中でと思って行ったら、3月17日オープンの熊本うまかもん市場が目に入ってきた。




へー、いつの間にと思いつつ市場を見学して回った。その中で「ヒーロー海」というコーナーを見つけた。






昨年末から取引をしている牛深出身の居酒屋である。今日はここに決めた。およげたいやきくんじゃないが、酒を飲むのは久びりであり、心もはずむ。刺身は食べるが、馬刺しを食べたことがあまりないので、オーダーした。美味しい!生ビールを2杯、地酒が目に入ったので、花の香「桜花」を飲むことにした。うまいだろうと思って飲んだが、いまいち!次に香露を飲んだ。こちらの方がうまかった。







私たちが来店していることを知って、店長があいさつに来られた。恐縮である。つまみがなくなったので、豚バラの単品をオーダーしたら、皿に牛深のトン食堂のネームが入っていた。面白い!!トンも、ヒーロー海も共に頑張ってほしい。

今日は自分本位でオーダーしたが、嫁が満足したかは定かではない。  


Posted by 貝川蒲鉾店  at 00:42Comments(1)

2018年05月15日

第65期肥後本因坊挑戦者決定戦

5月13日(日曜日)肥後本因坊挑戦者決定戦が熊日本社であった。私も天草代表の一人として、本選に臨んだ。

朝6時15分に出発して、9時前には着いた。10時から開始なので、玄関ロビーの待合室でくつろぐことにした。しばらくすると、次々と皆さん到着され、対局場に入っていかれた。




新顔あり、ご常連有りで、私の気持ちも誰と当たるだろうとわくわくしてきた。



主催者の挨拶があり、対局上の注意が説明され、くじ引きに入った。



私は1回戦はシードになり、2回戦からの対局になった。天草大会でも私だけが1回戦はシードであった。2回ともクジでシードを引くのは人生初めてである。



できれば実力でシードされたいものだが、それは叶わぬ夢、ラッキーなことは皆さんの対局を見て回れることだ。



ああ、この人は強い、この人は自分といい勝負だろうとか、皆さんの力量が見れるし、勉強にもなる。

いよいよ私の対局だ。車いすに乗っておられる方だった。嫌な予感がした。「こういう人は強いんだ」と内心思っていたら、先に対局を終えられた友人が、「貝川さん、最強の人とあいましたね」と言った。「知らぬなら知らぬで臨めたはずを、対局前に余計なことを」と思いながら、相手先番で始まった。

終始、黒のリードであった。このままではじり貧と思って勝負手を放った。そこから一進一退の攻防が始まり、大石の攻め合いとなった。私の一手負けで幕は下りた。局後の検討と手順を並べなおし、彼も一瞬ヒヤリとしたという。人生でも戦いでも窮地に陥った時は逃げ出さずに逆に前に突き進むことで血路が開かれることを知っている。





初めてあった人だが、昔から知っているような感じがしてお互いに笑みがこぼれた。これが「手談」である。

14日の熊日新聞に彼がベスト4まで勝ち上がってることが載っていた。今日聞いた話では、熊本最強戦で何回か優勝しているとのことだった。

井の中の田舎碁打ちが勝てるはずがない。  


Posted by 貝川蒲鉾店  at 21:58Comments(2)

2018年05月10日

痛飲と反省の日々

ゴールデンウィークも無事終わり、まぁまぁの戦果を挙げたのではないかなぁ。

今日は天気も良く心地よい風が吹いているが、私は反省の日々を送っています。思い起こせば、2か月前益城町の木山初市から始まり、私の誕生日、嫁の誕生日、結婚記念日、肥後本因坊天草代表祝いと、飲む機会が多かった。

2月末、寒気がするので、時間外で、松本内科に行った。37.9℃の熱があった。次の日は大事を取って1日休ませてもらった。

3月1日は私の誕生日でイタリアンを予約していたが、1週間後に変更してもらった。体調は2日目には回復した。

3月3,4日は木山初市に出店した。大津のAZに泊まることが恒例になっている。ここは、1階にファミレスの「ジョイフル」がある。私は年間通して、ファミレスに行くことは、絶対にない。大津に泊まった時だけである。

肉は固いので、ハンバーグとサラダにした。唯一ここでの楽しみは、冷酒「白鶴」。これがうまいのよねー。疲れた体を癒してくれる。酒だけにだんだん調子が出てきたが、病み上がりなので、2本で我慢した。





3月7日、誕生日を延期してもらってたのでイタリアンに行った。マスターが自ら釣ってきたというヒラスズキをカルパッチョにして出してくれた。ゴリゴリとしてうまかった。後は、ステーキと鴨と出てきた。鶏は食べないが、この鴨は大変おいしかった。ただ、この頃からだろうか、酒がおいしくなくなっている。体調に異変が起きているのを感じた。






3月19日は嫁の誕生日である。家族で海彩館に行った。ここの刺身の小盛り合せは定評がある。






いつもはこれくらい難なく食べてしまうのだが、持て余し気味だ。冷酒を1本もらったが、半分しか飲めなかった。盛り上がらない。

3月30日は結婚記念日だが、外食する気力がなくなっていた。刺身を食べると口がピリピリしてくる。酒も1杯目はうまかったが、2杯目になるとまずくなって苦痛になってきた。体が、イエローカードを出している。




4月1日、肥後本因坊天草予選で3度目の代表になる。




友人宅で、祝杯を挙げこれを最後に明日から酒を当分の間やめようと思った。

翌日トイレに行くと、出血した。「しまった」あぁこれが本当のレッドカードだ!次の日、肛門科の股をくぐった。

幸い、手術するまでは至らず、飲み薬と座薬で済んだ。

酒がまずくなった話をしたら、医者曰く「絶対アルコールはだめ。この際酒は一生やめてください。肝硬変から肝臓癌になって苦しみながら死んでいく人をいくらも見てきた。良い止め時だと思います。」と大きな声で脅かされ、「飲まずに治るならやめましょう。」と言って病院を後にしたのだが、俺は肛門科を受診したのだが、病名は聞かされず、日常の予防の仕方も教えず、肝臓が悪くて外科に来たような錯覚に陥った。

癪だったから、2,3日後松本内科で採血してもらい、肝臓の数値を検査してもらった。結果は正常値だった。ホッとはしたが、5月4日まで1ヵ月酒は飲まなかった。5月5日は子供の日にかこつけて日本酒を2杯だけいただいた。うまかったー。

そして、昨日松本内科に薬をもらいに行ったら、足が少しむくんでいるのでは、と触られたが、私には自覚がない。年を取ってくると血液循環が悪くなり体がむくんだり、冷えたりするという。原因はわかっている。酒をやめたからだろう。ニヤリ。

血液循環のリハビリのために、少しずつ酒でもいただくか、おのおの方も痛飲が通院にならぬようくれぐれもお気をつけなされ。  


Posted by 貝川蒲鉾店  at 22:55Comments(2)

2018年05月05日

友遠方より来る

さーゴールデンウィークも終盤に入った。

天気も良く最高の週末だ。

そんな時、当店に来客があった。

今回で、3度目になるが、テレビでおなじみのマサル君のご家族の方である。

数年前にKABの「駅前サタブラ」で当店が紹介され、それからの付き合いである。

チーズ入りくんせい蒲鉾がとても気に入られ、わざわざ買いに来てくださった。

いつもたくさん買っていただき大変恐縮しています。

今日は海中公園をグラスボートで見学に来られたそうだ。

嫁と息子は、本渡のとれたて市場で店頭販売に行っていると言ったら、帰りに寄って、挨拶して帰りますとのことだった。

そこで、また買っていただいたそうだ。



マサル君は男だが、オネエキャラで有名なタレントさんである。

今年の平昌オリンピックのフィギュアスケートで金メダルを取ったロシアのザギトワ選手に日本から秋田犬が贈られることに決まった。

メスだが、名前を「マサル」とつけたらしい。面白い、一人ニヤリとした。



そして、今日は5月5日こどもの日。「屋根より高いこいのぼりー」

前の家の庭先にこいのぼりが立ててある。

写真を撮らせてもらった。子供さんもすくすくと育っているようだ。

雪の日に「かまぼこのおじちゃん」と言ってくれたのは記憶に新しい。

無病息災を願おう。





もう一曲、「柱の傷はおととしの~酔って倒れた傷の跡~♪」  


Posted by 貝川蒲鉾店  at 23:55Comments(1)